西日本政経懇話会

福岡 509回 外の視点で価値創造を/コモンズ投信・渋澤氏が講演

渋澤健.jpg西日本政経懇話会の6月例会が18日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、コモンズ投信(東京)会長の渋澤健氏が「渋沢栄一『論語と算盤(そろばん)』で未来をひらく」をテーマに講演した。

 渋澤氏は、実業家で「日本資本主義の父」ともいわれる渋沢栄一の玄孫(孫の孫)。高齢化や人口減が進む現代日本の経済情勢を踏まえ、渋沢栄一の名言を紹介し「(企業も人間も)『〝枠〟の内側だけにとどまってはいけない』というメッセージだ」と解説。「外の視点を取り込むことが、価値を創造するヒントになる」と強調した。

=2015/6/19西日本新聞=

これまでの記事一覧