西日本政経懇話会

福岡510回 「管理職は外見磨け」パーソナルデザイン 唐澤社長講演

西日本政経懇話会の7月例会が27日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、パーソナルデザイン(東京)の唐澤理恵社長が「第一印象で差をつける外見力マネジメント」と題して講演、約130人が参加した。
 唐澤氏はノエビア取締役を経て独立、経営者らの自己表現やコミュニケーション研修を手掛ける。講演では「人は視覚情報に大きく影響を受けるため、管理職は服装や色の使い方を意識することが大切」と提言。取引先に謝罪する際、ネクタイは青などの落ち着いた色を選ぶといった事例を紹介し「自分の見せ方を変えるにはヘアスタイル、眉、眼鏡の順番に外見を磨いていってほしい」と語った。

=2015/7/28 西日本新聞=福岡・唐澤理恵.jpg

これまでの記事一覧