西日本政経懇話会

ラグビーW杯/千載一遇/訪日客誘客を/政経懇話会で徳増氏

 西日本政経懇話会の福岡例会が12日、福岡市中央区天神の天神スカイホールであり、来年9月に日本で開幕するラグビーワーbc02ace877215ffa39030aba0cc35cdd7ecad397.jpgルドカップ(W杯)の誘致に尽力したW杯2019組織委員会事務総長特別補佐の徳増浩司氏(66)が講演=写真。「あらゆる都市に観光(誘客)の千載一遇のチャンスがある。各国サポーターとの国際交流もW杯の楽しみの一つ」と述べた。

 徳増氏は、03年から誘致活動を実施。「相手の懐に入っていき、アジア各国の応援もあって達成できた」と振り返った。

 大会は福岡、熊本、大分各県など国内12都市で計48試合予定され、訪日客は45万人という試算も披露。「W杯が日本で良かったと言われるために、皆さんも参加者として大会に関わってほしい」と締めくくった。

2018年11月14日

これまでの記事一覧