西日本政経懇話会

妻に「ありがとう。ごめんなさい。愛している」/石蔵文信・大阪大招へい教授が講演

 西日本政経懇話会11月例会が8日、小倉北区のホテルであり、大阪大招へい教授で医師の石蔵文信氏が「自立した幸せな生きcdea24f9f136ad6be181155410d9661b58cfc55d.jpg方~中高年のメンタルヘルス」と題して講演した。要旨は次の通り。

 老後の問題は四つあると言われている。お金、健康、夫婦関係、居場所づくりだ。定年退職後にずっと家にいる夫に怒りを爆発させる妻は多い。夫の言動のせいで心身が不調になる妻が多いことに気づいて「夫源(ふげん)病」という言葉を提唱した。

 夫への愛情をなくしている妻は71%に上るというデータもあり、熟年離婚は増えている。妻に「ありがとう。ごめんなさい。愛している」と言葉を掛けてほしい。 (内田完爾)

2018年11月9日

これまでの記事一覧