西日本政経懇話会

久留米501回 若い社員の育成 お膳立ても必要

西日本政経懇話会の久留米例会が23日、久留米市のホテルであり、一橋大の西山昭彦特任教授=写真=が「社員のやる気を劇的にあげる三つの方法」と題して講演した。要旨は次の通り。
 最近の若い人たちには、ハングリー精神があまりないことや、組織の中でどう振る舞えばいいか分からないといった特性が挙げられる。一方で「早く成長したい」「世間で通用したい」という希望を持ち、好きなことにはのめり込む側面があるので、どう生かせるかがカギになる。
 必要なのは、ある程度お膳立てした上で、好きなことに注力させること。大切なのは①達成感や成長実感を持たせられるよう配慮する②自尊心を傷つけないように叱り方、褒め方を工夫する③単調な作業にも意味があるという仕事の本質的な価値を見いだせるよう促す―ことだ。 (布谷真基)

=2015/7/23 西日本新聞=久留米・西山.jpg

これまでの記事一覧