西日本政経懇話会

大牟田523回「安倍総裁3選は不透明」 神志名氏が講演

 7b41e8c588c54952173434ed6b1d0a51dcfc3e22.jpg西日本政経懇話会の9月例会が8日、大牟田市であり、元NHK解説委員長で政治ジャーナリストの神志名(かしな)泰裕氏が「安倍政権と揺れる政局」と題して講演した=写真。要旨は次の通り。

 これまでの「安倍1強」が崩れつつあり、政局が流動化している。来年9月の自民党総裁選での安倍3選は不透明になってきた。

 年内の政局では、青森4区などの衆院3補選(10月)に注目したい。ただ、仮に自民が全勝したとしても、年内の衆院解散は可能性が低いだろう。最も早くても来年1月の通常国会召集後。メインのシナリオは、(国の)予算成立後で、自民党総裁選より前の時期の夏と予想している。

 野党第1党、民進党の前原新体制はスタートからつまずいた。既婚男性との交際疑惑報道を受けて離党届を出した山尾氏は、衆院議員失格と言わざるを得ない。 

2017年9月9日

これまでの記事一覧