西日本政経懇話会

福岡 457回 「”政権批判と本人姿勢”福岡市長選現職敗因」連合 古賀会長

koganobuaki_02.JPG 連合の古賀伸明会長は15日、福岡市の福岡国際ホールで開かれた西日本政経懇話会で講演。福岡市長選で連合福岡が推薦した現職の吉田宏氏が敗れたことについて「外交問題で国民の意識が(吉田氏を推薦した)民主党政権に批判的になっていることもマイナスに働いた。さらに吉田氏本人の選挙基盤、実績、政治姿勢などさまざまな要素が重なっての結果」との認識を示した。

 連合の今回市長選への対応についての会場からの質問に「おしかりは甘んじて受けないといけない」とも述べた。

これまでの記事一覧