西日本政経懇話会

大牟田 456回 「中小企業は人材育成を」中沢・福井県立大特認教授が講演

nakazawatakao_02_oomuta.JPG 西日本政経懇話会大牟田地区9月例会が1日、大牟田市旭町のオームタガーデンホテルであり、福井県立大経済学部の中沢孝夫特任教授が「中小企業の底力」と題して講演した。要旨は次の通り。

 「中小企業はかわいそう」という認識は違う。いつも赤字の会社もあるが、大企業の平均よりも高い利益率の中小企業も多く、平均値では語れないところがある。

 また、中小企業はまだ大きくなれない会社ではなく、必要な規模なのだ。いま、生き残っている中小企業は、ほかに替わるものがない技術、商品の競争力を持っている。

 元気のある会社に共通している点は人材育成。頼れる人材を増やし、意欲のある人間をどのように育成するかが大事だ。中小企業経営の原則は、経営者が心の中に鬼を1匹買って、人を育てることにある。
 
=2011/09/02 西日本新聞=

これまでの記事一覧