西日本政経懇話会

福岡 468回 「消費者視点と独自性が重要」 日本コカ・コーラの魚谷会長講演

 西日本政経懇話会の11月例会が17日、福岡市天神の福岡国際ホールであり、日本コカ・コーラ(東京)の魚谷雅彦会長が「マーケティングで経営を強くする」と題して講演した。

 魚谷氏は、多くの企業が「いかに商品を売り込むか」を重視するマーケティングに陥りやすいと指摘した上で、「マーケティングに基づいた商品開発、営業戦略が重要」と強調。10月に死去した米アップルのスティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)を引き合いに出し、「消費者の視点を忘れず、使いやすさと独自性を両立した商品を生み出し続けることで、圧倒的な支持を得た」と話した。

 さらに、少子高齢化で人口減が進む中、多様な消費者の生活スタイルを重視した商品開発がますます重要になると指摘。縮小する市場で企業が生き残っていくために「新規開拓だけではなく関係を深めるような顧客との付き合い方が求められる」と呼び掛けた。
 (下村ゆかり)

=2011/11/18 西日本新聞=
 

これまでの記事一覧