西日本政経懇話会

大牟田 487回  「安倍首相、超長期政権も」/本田雅俊氏が講演

20140516honda-masatoshi.jpg 西日本政経懇話会の5月例会が16日、大牟田市であり、金城大学特任教授の本田雅俊氏(46)が「今後の政局と安倍政治の行方」と題して講演した。要旨は次の通り。


 2012年12月に発足した第2次安倍晋三政権は、閣僚が1人も交代しないまま発足500日が過ぎ、高い支持率を維持している。政権運営が順調なのは経済がうまくいっているからだ。米国経済が好調なことや東京五輪の招致成功など安倍政権は、運にも恵まれている。

 このまま経済が順調なら、来年の総裁選は再選確実だろう。2016年は衆参のダブル選挙が濃厚で、総選挙の結果次第では安倍政権は、超長期政権になる可能性もある。

 昨年の参院選後、安倍政権は経済重視から安全保障政策重視に変わった。集団的自衛権の行使容認は経済政策に対する国民の支持があるから取り組める課題。ただ、政策の急激な方向転換は危険。最大の敵は「おごりと拙速」だと考える。


=2014/05/17 西日本新聞=

これまでの記事一覧