西日本政経懇話会

北九州488回 「草食男子」は褒め言葉/コラムニスト・深澤真紀さん講演

20140610fukada-maki.jpg

 西日本政経懇話会の 6月例会が10日、小倉北区のステーションホテル小倉であり、「草食男子」という言葉を生み出したコラムニストの深澤真紀氏 (47)が「イマドキ若者論・イマドキ日本論~草食男子名付け親が語る」と題して講演した。要旨は次の通り。


 「草食男子」は褒め言葉で「恋愛にガツガツしないで精神性の高い男性」という意味で名付けた。しかし、流行語は誤解されや すい。メディアが、もてない女性が増えたり、リーマン・ショックで車が売れなくなったりした原因を「草食男子のせい」とした ため、本来と逆の意味でこの言葉が用いられるようになった。

 今どきの若者は素晴らしい。見えを張ってまで買い物や恋愛をしない。家族や友人を大事にし、社会貢献活動に興味がある人が 多い。最近の若者は海外に行かないとよく言われるが、それはデータ的に間違い。海外で学ぶ若者は年々増え、留学先も多様化し ている。

 日本の若者のレベルは高く、大人は彼らを育てなければならない。昔と今の経済事情が異なることを踏まえた上で、自分たちの 技術や成功を伝えてほしい。若者を否定せず、チャンスを与えることが大切だ。


=2014/06/12 西日本新聞=

これまでの記事一覧