西日本政経懇話会

福岡 502回  「生」の考え方伝えたい/元NHK、宮司の宮田修さん講演

宮田修 福岡.jpg

 西日本政経懇話会の11月例会が26日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、元NHKア

ナウンサーで、熊野神社(千葉県長南町)宮司の宮田修さん(67)が「アナウンサーが神職に

なって」の演題で講演した。

 宮田さんはNHKの看板ニュース番組「ニュース7」などを担当していたが、「毎日、時計の

秒針を見る暮らしから解放されたい」と、千葉県長南町に古民家を借り移り住んだ。その家主が

偶然にも熊野神社の宮司で、体調を壊し、後継者に懇願されたという。

 当初は「参拝の作法も知らないから」と断ったが「後を継ぐ者がいないと、地域の祭りも途絶

える」と説得され「役に立てるなら」と承諾。通信教育で神職の資格を取得し、定年退職後に同

神社の宮司になった。

 神道を学び、神事など日本の伝統の素晴らしさが分かるようになったという。「なぜ今の私が

いるのか。それは両親がいて祖先がいるから命がつながれていく『中今(なかいま)』に生きる

、という日本人の伝統的な生の考え方があります。現代は個が尊重されるあまり人が孤独に、命

がないがしろになっている」と指摘。神職を通して「中今を生きる考え方を伝えたい」などと語

った。


=2014/11/27 西日本新聞=

これまでの記事一覧