西日本政経懇話会

福岡 503回  「中長期的経済政策を」/中島慶応大教授が講演

中島隆信 福岡1219.jpg

 西日本政経懇話会の12月例会が19日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり

、慶応大商学部の中島隆信教授が「2015年の経済展望 時間軸で考える政策タ

ーゲット」と題して講演した。

 中島教授は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の大部分が、景気循環を平準

化させるための短期的な取り組みだと指摘。「経済が成長しないと、インフレで物

価が上昇し、生活水準が下がるだけだ」と述べた。また、日本の人口減を踏まえ「

社会保障制度が破綻しないよう、中長期的な政策を打ち出すべきだ」と強調した。

 15年の日本経済については、低金利下で円安と株高が継続するとの見方を示し

た一方、「株高を続けるには、実体経済の安定が必要」と、くぎを刺した。


=2014/12/20 西日本新聞=

これまでの記事一覧