西日本支店長会

長谷川法世さんが山笠あれこれ語る

housei.jpg 福岡都市圏に支店などを置く企業・団体の支店長らでつくる西日本支店長会(226企業・団体)の7月例会が1日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、漫画「博多っ子純情」で知られる漫画家で博多町人文化連盟理事長の長谷川法世さんが「博多祇園山笠あれこれ」と題して講演、約130人が聞き入った。

 この日は博多祇園山笠の開幕日で、長谷川さんは自身が所属する土居流(ながれ)の長法被姿で登場。

 講演では祭りや「流」の歴史、長法被にまつわる話をした後、「私にとっての山笠は何か。

 40歳では『すべて』だったが、65歳になった今は『日常』になりました」と語った。

 講演後は懇親会を兼ねた名刺交換会があり、最後は博多手一本で締めくくった。

これまでの記事一覧