西日本支店長会

「九州の地域づくり」 九地整の局長が語る 

okamoto.JPG 福岡都市圏に支店を置く企業や団体でつくる西日本支店長会(227社)の10月例会が6日、福岡市の福岡国際ホールであり、国土交通省九州地方整備局の岡本博局長が「九州の地域づくり」をテーマに講演した。

 岡本局長は九州の将来像として①東アジアの成長と連動して発展する②豊かな自然と都市の利便性を併せ持つ―などを提案し「九州を元気にして、たくさんの観光客に来てもらうためにも社会基盤の整備が重要」と述べた。

 また、九州は台風の上陸や集中豪雨が多いと指摘し、災害に強い地域づくりも訴えた。

これまでの記事一覧