西日本支店長会

趙韓国総領事が講演

cho.jpg 福岡都市圏に支店などを置く企業や団体でつくる西日本支店長会の5月例会が5月31日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、駐福岡韓国総領事の趙廷元(チョジョンウォン)氏が「韓日交流の現状と課題」のテーマで講演した。

 趙氏は、日韓の交流の歴史を説明した上で「アジア時代の到来に合わせ、韓日間で文化、伝統、価値観を共有する協力の重要性が増しつつある」と強調。

 「民間レベルの多様な交流が関係強化の原動力になる。特に青少年の活発な交流が望ましい」と力を込めた。

=2011年5月31日付 西日本新聞=

これまでの記事一覧