西日本支店長会

「福岡と熊本 役割分担を」 熊本知事が講演/2011年9月1日

 熊本県の蒲島郁夫知事は1日、福岡市・天神で開かれた西日本支店長会(230社)の9月例会で講演し「将来必ず道州制が導入され『九州府』ができる。

 東日本大震災を踏まえて考えると、行政と経済の機能が福岡に一極集中すればリスクを分散できない」などと述べ、熊本市への「州都」誘致に理解を求めた。

 蒲島知事は政治と経済の中心が異なる米国を引き合いに「熊本は(政治拠点の)ワシントン、福岡は(経済の)ニューヨークといった役割分担が必要」と強調。

 大分市の釘宮磐市長が7月に州都誘致に名乗りを上げたことに触れ「各県の県庁所在地が州都を目指し力を磨くことで、九州全体が良くなる」とも述べた。

=2011年9月1日付 西日本新聞=

これまでの記事一覧