西日本支店長会

液状化対策を 田上氏が講演 /2011年10月5日

tanoue.jpg

 九州工業大大学院非常勤講師で、地質調査などのコンサルタント会社役員を務める田上裕氏が5日、福岡市・天神の福岡国際ホールで開かれた西日本支店長会10月例会で講演した。

 田上氏は「福岡県内も震度5以上の地震が起きれば液状化する恐れが高い」と指摘し、対策の強化を訴えた。 

 田上氏は、液状化が起きやすい地盤や地下水位などの条件を示し、わずかな傾きでも気分が悪くなるなどの健康被害が生じると説明。

 「土地を造成する際は盛り土をよく締め固め、地下水位を下げることが必要だ」と述べた。

=2011/10/05 西日本新聞=

これまでの記事一覧