西日本支店長会

「妻には負けるが勝ち」/亭主関白協会会長・天野さん講演

  CAWKTLFF.jpg福岡都市圏に支店などを置く企業や団体でつくる西日本支店長会(231社)の12月例会が6日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、タウン情報誌編集長で「全国亭主関白協会」会長の天野周一さん(59)=久留米市=が「亭主力の時代」をテーマに講演した。


 天野さんは友人の熟年離婚をきっかけに、積極的に家事に参加するなど夫婦関係を見直し、1999年に「亭主が変われば日本が変わる」を理念に会を設立。

全国に約1万7千人の会員がいる。
 講演で天野さんは夫婦円満のこつとして「(妻には)勝たない、勝てない、勝ちたくない」という「非勝3原則」を披露。「けんかに勝っても妻の怒りが長引くだけ。

 負けるが勝ち」と参加者を笑わせ、「相手を気持ち良くさせて、動かすことも立派なリーダーシップです」と力を込めた。

これまでの記事一覧