西日本支店長会

日銀福岡支店、尾関支店長が講演/「中国の先行きに期待」

 福岡都市圏に支店を置く企業などでつくる西日本支店長会(231社)の2月例会が6日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、日本銀行福岡支店の尾関政達支店長が「2012年景気展望のポイントなど」と題して講演した。

 尾関支店長は欧州の債務危機に触れ、「ギリシャ国債を保有するフランスやドイツの金融機関は、現在、短期資金の調達が困難になっている」と指摘。

 

 「欧州外の資金を引き揚げ、金融面からも他地域に影響が広がる恐れがある」と話した。

 また、世界経済のけん引役だった新興国経済の減速にも言及。

 

「中国は金融引き締めにより物価上昇率が低下している。

 

 当面はマイナスの影響が出るが、金融政策の幅を広げやすくなるため、先行きには期待できる」と話した。

 

これまでの記事一覧