西日本支店長会

元陸自司令官が講演 「上司があいさつを」 2012.10.10

  miyajima.jpg福岡都市圏に支店を置く企業などでつくる西日本支店長会の10月例会が10日、福岡市・天神の福岡国際ホールであっ た。

 元陸上自衛隊中央即応集団司令官の宮島俊信さん(58)=三井住友海上顧問=が「自衛隊の福島原発事故対応の概要とリー ダーとは」のテーマで講演し、約130人が聞き入った。

 宮島さんは昨年3月の福島第1原発の事故対応で同司令官として指揮。

 難航したヘリによる放水や、住民の除染活動支援などの 活動を紹介した。「原発のある自治体は赤ちゃんからお年寄りまでの下着や服など全てのサイズを準備しておく必要がある」と話 した。

  リーダーとして部下を統率するには「心境の変化を知るためにも、上司が声を掛けることが必要。

一つ一つの事例に一喜一憂せ ず大局に立つべきだ」などと助言した。

これまでの記事一覧