西日本支店長会

今年の景気テーマ 日銀支店長が講演

  ozeki.jpg福岡都市圏に支店を置く企業などでつくる西日本支店長会の例会が28日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、日銀福 岡支店の尾関政達支店長が「2013年の景気展望のポイント」をテーマに講演した。

 尾関氏は日銀の金融緩和策を紹介した上で、長年続く日本のデフレについて「構造的な要因が働いている」と指摘。

 「経済成長 への期待が低下した中で、企業がコスト削減や価格競争に入り、日本経済に継続的な物価下落圧力をもたらした」と語り、デフレ 脱却には「日本経済の柔軟性や適応力を回復させ、企業や家計の成長期待を高めることが必要だ」と強調した。

これまでの記事一覧