西日本支店長会

ベトナム副領事講演 「九州との交流促進」

 福岡都市圏に支社、支店を置く企業などでつくる西日本支店長会の8月例会が23日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、在福岡ベトナム総領事館(福岡市)のグェン・ヴェト・ドク副領事が「日越外交関係樹立40周年を迎えて」と題して講演。

 「九州はベトナムから地理的に近い。航空便などアクセスも便利で、コンテナ航路も充実している。双方の交流を促進させたい」と訴えた。

 ドク副領事は、福岡県と首都ハノイ市による友好提携調印から今年で5周年を迎えたことや、九州各地でベトナム友好協会の発足や姉妹都市の締結が進んでいることを紹介。

 「交流がスムーズに進むよう支援していきたい」と語った。

 例会には同総領事館のブイ・クオック・タイン総領事も出席し、ベトナム訪問を呼び掛けた。

これまでの記事一覧