西日本支店長会

筑前琵琶に魅了 スリスさんが講演会

doria.jpg福岡都市圏に支社や支店を置く242社でつくる西日本支店長会の11月例会が28日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、イタリア会館・福岡(同市中央区)のドリアーノ・スリス館長(67)が「私の日本、私のイタリア」のテーマで講演した。

 スリスさんは1974年来日。ラジオから流れた筑前琵琶の音色に魅了され、製作者の故吉塚元三郎さんに弟子入りした。

 現在も福岡でイタリアの文化を紹介しながら、琵琶の修復作業に当たっている。スリスさんは画像などで魅力を紹介しながら「アニメやゲームだけではない、日本の素晴らしい伝統文化を海外に発信すべきだし、その手伝いができれば」と語った。

これまでの記事一覧