パートナーズクラブ

400人が交歓・西日本新聞社新年祝賀会

IMG_0165.JPG 新春を寿ぐ恒例の「西日本新聞社新年祝賀会」は1月14日、福岡市中央区地行浜のヒルトン福岡シーホークであり、日ごろ西日本新聞社がお世話になっている人たちや西日本新聞グループ関係者など約400人が集った。パートナーズクラブは会員82人が参加、新年の挨拶を交わしこの一年の抱負を語り合った。
 午後6時に始まった会は、川崎隆生西日本新聞社代表取締役社長が「みなさんの顔が昨年と違い明るくなったような気がします」、政経懇話会会長の松尾新吾九州電力代表取締役会長は「いろんな人たちと会えることを楽しみにしてきました」と、挨拶。西日本支店長会の柏尾栄三菱地所設計常務執行役員九州支店長の発声で、おなじみのエプロン姿で全員が乾杯した。
 参加者の熱気に包まれた会場では似顔絵や占いのコーナーに人垣ができ、抽選会では大型テレビなどの当選者発表に歓声がわいた。最後にパートナーズクラブ会長の芦塚日出美博多座代表取締役社長が「今年もまた力をあわせて頑張りましょう」と述べ、博多祝いうたと博多手一本で締めた。

写真=博多祝いうたを唱和する芦塚会長

これまでの記事一覧