パートナーズクラブ

西日本会初の合同例会を長崎市で開催する

   nzgasaki.jpg3月7日(水)西日本会で初めての合同例会を長崎市のガーデンテラス長崎ホテルで行いました。同会には長崎地区の企業経営者と西日本新聞社でつくる長崎フォーラム会員をはじめ、佐世保、玄海両フォーラや福岡からはパートナーズクラブ、西日本支店長会の会員など約150名が参加しました。始めに九州旅客鉄道会長の石原進氏が「活力ある九州づくり」と題して講演、「九州の発展戦略は混迷する世界経済に影響を受けない、観光、環境、健康、農林水産分野の産業を育成することが重要である」と話された。講演後は懇親会に移り、稲佐山から見下ろす長崎市街の夜景をバックにパートナーズクラブの芦塚会長ほか会員13名の方々が他地区の参加者と交流を深めました。

 

これまでの記事一覧