パートナーズクラブ

第8回パートナーズクラブ例会を開催する

  kabu.jpg

 

平成23年度の最終例会が3月23日(金)正午より

福岡国際ホール志賀の間で行いました。今回の講演会は

九州経済調査協会の調査研究部次長の加峯隆義氏による

「九州ものづくりの最前線、その行方は」と題して行い

ました。講演内容は昨年の3.11東日本大震災後、円高を

含めた「六重苦」とも言われる厳しい環境の中、九州の

製造業に及ぼした影響や今後どのような状況になるのか

同協会が発行している「2012九州経済白書」の

調査データーをもとに分りやすく話をしていただきました。

当日は50名の会員の方々が参加されました。

 なお、同講演内容につきましては、10号記念特集号に掲載

いたしますのでご一読ください。

追伸 

全会員の皆様には「2012九州経済白書」を送付させ

ていただきました。お役に立てれば幸いです。

これまでの記事一覧