パートナーズクラブ

日銀福岡支店長「景気の鍵は輸出」/パートナーズクラブ、西日本支店長会2月合同例会

福岡都市圏に支社や支店を置く243社でつくる西日本支店長会と、西日本新聞社の取引企業などでつくるパートナーズクラブの合同例会が24日、福岡市・天神の福岡国際ホールであり、日銀福岡支店の市川能英支店長が今年の景気展望について講演した。

 市川支店長は昨年の九州経済について「冷夏の影響が大きく、ビールなど夏の季節商品に影響が出た」と振り返った。今年の景気は、けん引役が公共投資や住宅投資などに代わって「輸出や設備投資が増えるかが鍵」と話した。地方創生の課題については「若い人が東京に出ており、地元で働ける場所を用意する必要がある」と述べた。

=2015/2/25 西日本新聞=