佐世保フォーラム

知日家の呉氏が 「上海航路期待」 /2011年9月22日

 中国・上海国際チャンネルのプロデューサー兼司会者呉四海氏が日、長崎県佐世保市のホテルで講演した。呉氏は「東日本大震災の影響で中国人の訪日が減った中、航路は中日関係に大きな役割を担う」と述べ、同市のハウステンボスが来春就航させる上海―長崎航路に期待を寄せた。
 佐世保市の企業経営者などでつくる佐世保フォーラム(会長=安部直樹・九州文化学園理事長)が例会の講師で招いた。会員以外にも公開され、約人が聴講した。
 呉氏は鳩山由紀夫元首相らが出演した上海テレビの日本語番組「中日之橋」をプロデュースするなど知日家で報道番組を中心に活躍している。
 同日は「日中友好の懸け橋 上海―長崎航路」をテーマに講演。経済成長が著しい上海の現状に触れつつ、上海航路では中国の富裕層をターゲットにすることを提案。「航路を成功させるためには船内や到着後の九州でもてなしの工夫が必要だ」と話した。

これまでの記事一覧