佐世保フォーラム

大牟田521回「女性活躍推進は投資」/関西学院大客員教授の大崎氏講演

 西日本政経懇話会の6月例会が13日、大牟田市内であり、関西学院大総合政策学部客員教授の大崎麻子氏が「地方創生と女性活躍~展望と課題」と題して講演した=写真。要旨は次の通り。

 なぜ今、「女性活躍推進」が安倍政権の下で進められているかというと、国際潮流が変わっているからだ。女性が活躍し、ジェンダー平等が進んでいる国の方が潜在的成長率が高く、子どもの数が維持できることも分かってきた。

 地方が女性の力を生かすための条件の一つは、性別による役割分担などの価値観の転換だ。家庭内で女性がしていることを男女間や社会で再分配し、負担を減らさないといけない。

 男性のリーダシップは非常に重要だ。女性活躍推進をコストと思う人はまずだめで、投資だと捉えられるような経営者やリーダーがいるところがこれから生き残っていく。

 (具志堅聡)

2017年6月14日9ccbd763d8e2717a88feb55e94946e87b025991d.jpg