佐世保フォーラム

第31回例会 西日本新聞社経済部長が講演

第31回例会 西日本新聞社経済部長が講演

 

佐世保フォーラムで本社経済部長が講演  

長崎県佐世保地区の経営者と西日本新聞社でつくる「佐世保フォーラム」(会長・安部直樹九州文化学園理事長)の第31回例会が1日、同県佐世保市で開かれ、西日本新聞社の椛島滋経済部長が「九州とアジア、新時代」と題して講演した。

 椛島部長は、九州の人口はピークである2006年の1340万人から35年には約230万人減少するとの予測を紹介し「国内消費の落ち込みを補うには、インバウンド(訪日外国客)の風に乗れるかが重要になる」と強調。現在、訪日客が多い中国や台湾のみならず「(九州と近い)タイやインドネシアなど高い成長力が見込まれる国々とどう付き合っていくかも鍵になる」と指摘した。

  

20160702日付 西日本新聞

 

これまでの記事一覧