西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

【山口】カピバラ、ハリネズミと遊ぼう 秋吉台サファリ 触れ合える施設登場

カピバラに餌を与え、笑顔が広がる来園者
カピバラに餌を与え、笑顔が広がる来園者
写真を見る

 山口県美祢市美東町赤の秋吉台サファリランドに、動物に触れ合いながら遊べる「カピバラふれあい広場」と「ハリネズミの小さな森」が登場し、人気を呼んでいる。カピバラとハリネズミに直接触れ合える施設は同県内では初めてという。

 カピバラふれあい広場は、森エリアの滝を取り囲む形で柵を囲い、展示場を新設。雌1~2歳の3匹を飼育している。来園者は中に入って餌をあげたり、写真を撮ったりできる。ハリネズミの小さな森は、森をイメージした柵の低い箱庭の中で、昨年4月に生まれた六つ子を飼育。触れ合い、写真撮影ができる。

 同サファリは「かわいい動物に直接触れ、生態をじっくり観察してほしい。家族連れでおいでください」と呼び掛けている。同サファリランド=08396(2)1000。 


=2017/04/06付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]