【長崎】森きららに「戌年神社」 佐世保

森きららに登場した「戌年神社」
森きららに登場した「戌年神社」
写真を見る

 今年のえとの戌(いぬ)にちなみ、九十九島動植物園森きらら(佐世保市船越町)のプレーリードッグ展示場に1~3日、「戌年神社」が登場した。鳥居の左右には狛犬(こまいぬ)の台座のように丸太が置かれ、来園者は時折登るプレーリードッグに「かわいい」とカメラを向けていた。

 プレーリードッグは、英語で犬を指す「ドッグ」が名前についているが、犬ではなくリスの仲間。互いに危険を知らせる時の「キャンキャン」という鳴き声が犬に似ているため、その名が付いた。

 森きららでは計8匹を飼育し、日替わりで4匹ずつ展示。飼育担当者は「今年も来場者の皆さんがかわいい動物たちに癒やされるようにしたい」と話している。

=2018/01/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]