【福岡】ほっと一息 暖かい大寒

露天風呂で体を温めるサルたち。気持ちよさそうに眠るサルの姿も=20日午前10時34分ごろ、福岡市中央区
露天風呂で体を温めるサルたち。気持ちよさそうに眠るサルの姿も=20日午前10時34分ごろ、福岡市中央区
写真を見る

 20日は二十四節気の一つ「大寒」。暦の上では一年で最も寒い時期とされるが、高気圧に覆われた影響で九州各地では、最高気温が3月上中旬並みとなる比較的暖かい一日となった。

 気象庁によると、北九州市小倉南区空港北町で今年最も高い最高気温12・5度を観測。大分県日田市で14・5度、長崎県佐世保市では13・9度など、九州のほとんどの観測地点で平年を上回った。

 福岡市動物園ではこの日、サル山のニホンザルたちに温まってもらおうと露天風呂を準備。湯気が立ち上る中、風呂好きというサル10匹ほどが肩まで湯に漬かったり、じゃれ合ったりして、ご満悦の様子だった。

 21日の九州も3月上中旬並みの暖かい日となる。24、25日は強い寒気の影響で一時雪も降る見通し。


=2018/01/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]