【福岡 】「貴婦人」優雅に舞う

写真を見る

 二十四節気の一つで、すがすがしい季節に向かう頃とされる「清明」の5日、福岡市東区のアイランドシティ中央公園にある体験学習施設「ぐりんぐりん」では、「オオゴマダラ」が次々と羽化していた=写真。

 オオゴマダラは、沖縄県など亜熱帯地域に生息する国内最大級のチョウで、ゆったりと優雅に舞う姿から「南の島の貴婦人」とも呼ばれる。白と黒のまだら模様が特徴で、両方の羽を広げた大きさは約15センチ。飼育ケース内につるされた黄金色のさなぎから脱皮。羽を乾かした後、施設内を優雅に飛び回り、訪れた人たちを楽しませていた。

=2018/04/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]