【大分】JR豊後竹田駅長に就任ニャー

地元の小学生に頭をなでられる豊後竹田駅のニャー駅長
地元の小学生に頭をなでられる豊後竹田駅のニャー駅長
写真を見る

 大分県竹田市のJR豊後竹田駅に、利用客を見守り続けている猫がいる。その名も「ニャー」。愛くるしい姿で、駅内の観光案内所長として周囲を和ませてきた功績が認められ、駅長に就任した。

 ニャーはキジトラ柄の雌で、人間に換算すると推定60歳以上。10年ほど前に駅にすみ着いた。朝は駅出入り口で利用客を出迎え、昼は待合室でひなたぼっこするのが日課だ。

 人懐っこい性格で子どもたちにも人気。最近は写真がインターネット上で話題となり、ニャー目当ての観光客もちらほら。周囲は「観光客を呼び込む『招き猫』になって」。

=2018/04/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]