【佐賀】工場側溝で子育て 鳥栖商工団地にカルガモ

暗きょの中でえさをついばむカルガモのヒナたち
暗きょの中でえさをついばむカルガモのヒナたち
写真を見る
親の後ろに付いて歩くヒナ
親の後ろに付いて歩くヒナ
写真を見る

 鳥栖市藤木町の鳥栖商工団地内にある医薬品工場玄関前の側溝で、カルガモの親子が愛らしい姿を見せている。カルガモは市内各地で見られるが、市農林課も「商工団地で子育てとは聞いたことがない」という。

 カルガモの親子は近くの男性(77)が27日夕、散歩中に見つけた。「ウオーキングは20年来の日課だがヒナを見たのは初めて。近くにはきれいな川もあるのにこんなところで子育てとは」。医薬品工場のミズホメディーも「これまでカルガモを敷地内で見掛けたことはなく、この辺にいるということも初耳です」と驚く。

 県猟友会鳥栖支部のメンバー(66)は「側溝にいるのは、橋の下や地下排水溝など天敵のカラスやネコから隠れやすいからでは」と話している。

=2018/05/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]