【福岡】大暑、動物たちに氷 到津の森公園

プレゼントされた氷のケーキをなめるレッサーパンダ
プレゼントされた氷のケーキをなめるレッサーパンダ
写真を見る

 二十四節気の一つで、最も暑いとされる「大暑」の23日、福岡管区気象台によると北九州・京築地方も日中の最高気温が八幡西区で33.7度、行橋市で33.5度を記録するなど暑い一日となった。到津の森公園(小倉北区)では、暑さに弱い動物たちに氷のプレゼントがあった。

 氷のプレゼントは毎年、大暑に合わせて実施。この日はチンパンジー、ニホンザル、レッサーパンダに、果物を入れた氷柱や砕いた氷などが与えられた。同園に4匹いるレッサーパンダには、リンゴやヤマモモの実などで似顔絵を描いた「氷のケーキ」をプレゼント。中国の高山が原産というレッサーパンダたちは、ひとときの涼を楽しんでいた。

=2018/07/24付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]