【山口】白鳥2羽京都へ 下関響灘LCが寄贈

写真を見る

 山口県宇部市則貞の「ときわ公園」の「白鳥湖」で飼われていたコブハクチョウ2羽(雄、雌各1羽)=写真=が京都市の国立京都国際会館に寄贈された。

 2羽は、下関響灘ライオンズクラブ(同県下関市)が所有し、ときわ公園で飼育されているコブハクチョウの親鳥2羽の子ども。会館の希望を受け、ライオンズクラブが寄贈を決め、1日、公園の飼育員が2羽の健康状態を確認して、車両で京都に向けて輸送した。

=2018/08/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]