【福岡】一足早くえと交代 犬からイノシシへ 飯塚市「ピクニカ共和国」

犬からイノシシにバトンタッチした「ピクニカ共和国」のえと引き継ぎ式
犬からイノシシにバトンタッチした「ピクニカ共和国」のえと引き継ぎ式
写真を見る

 飯塚市八木山の民間動物園「ピクニカ共和国」(山本雅一園長)で15日、年末恒例のえとの引き継ぎ式があった。今年の「戌(いぬ)」と来年の「亥(い)」にちなみ、トイプードルの「トノ」からイノシシの「ぐう」へ新年の主役が交代した。

 引き継ぎ式は、ぐうの飼育小屋に「謹賀新年」と記した模造紙を貼って、年賀状に見立てて行われた。トノが見守る中、しめ縄で作ったたすきが、ぐうの小屋へ飾られた。飼育係の多川花鈴さん(21)は「新年はイノシシのように目標に向かって真っすぐ、真っすぐ突き進み、目標を達成する年になるよう、スタッフ一同頑張ります」とあいさつ。式の後、親子連れがぐうと一緒に写真に写ったり、餌を与えたりした。

 開園時間は午前10時~午後5時。2月までは土日祝日の営業だが、年末年始は平日も開園する。入園料は高校生以上700円、3歳~中学生400円。ピクニカ共和国=0948(26)4822。

=2018/12/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]