【福岡】サルも湯治 暖かい冬至 福岡市動物園

ああ、気持ちいい-。そんな声が聞こえてきそうなニホンザル。ゆず湯を満喫した=22日午後、福岡市中央区の市動物園
ああ、気持ちいい-。そんな声が聞こえてきそうなニホンザル。ゆず湯を満喫した=22日午後、福岡市中央区の市動物園
写真を見る

 1年で昼の時間が最も短い冬至の22日、福岡市中央区の市動物園では、ニホンザルなど動物たちに「ゆず湯」やカボチャがプレゼントされた。

 サル山の岩場のプールに張った35度のお湯に、職員が約4キロ分のユズを投入。ニホンザル47匹はわれ先にとユズをほおばり、気持ちよさそうな表情で湯に漬かっていた。カボチャを与えられたニホンツキノワグマの「ゲンキ」(雄、11歳)と「ハナコ」(雌、推定23歳)も一気に平らげた。

 福岡管区気象台によると、この日の福岡市内の最低気温は平年よりも8度高い13度で、10月下旬並みの暖かさだった。クリスマスイブの24日には九州北部に寒気が流れ込み、平年並みの寒さとなる見込み。

=2018/12/23付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]