【福岡】アムールヒョウ 26日から公開 大牟田市動物園 雌の「ポン」

九州で唯一、大牟田市動物園で飼育されているアムールヒョウの「ポン」
九州で唯一、大牟田市動物園で飼育されているアムールヒョウの「ポン」
写真を見る

 大牟田市動物園のアムールヒョウ「ポン」(雌、10歳)が26日から一般公開される。アムールヒョウはヒョウの仲間では最北のロシア極東の森林地帯に生息。毛皮目的の乱獲などで野生下では約50頭のみとなり、絶滅の恐れがある。昨年末、神戸市立王子動物園から借り受けた。

 飼育員の伴和幸さん(32)によると、神戸市から引っ越してきた当初は「シャー」と威嚇する声を出し、寄って来なかったが、最近は慣れて飼育員の前でも餌を食べるようになり、健康管理のための採血に向けた訓練も始めたという。「柄の美しさと、身体能力の高さを見てほしい」と伴さん。

=2019/01/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]