『レイナが島にやってきた!』  長崎夏海(ながさきなつみ)/作、いちかわなつこ/絵  (理論社、1512円)

『レイナが島にやってきた!』  長崎夏海(ながさきなつみ)/作、いちかわなつこ/絵  (理論社、1512円)
『レイナが島にやってきた!』  長崎夏海(ながさきなつみ)/作、いちかわなつこ/絵  (理論社、1512円)
写真を見る

 ●ケイヤク子ども?

 島の小学4年生・優愛(ゆうあ)は、同学年の女子レイナが転校してくると知り楽しみにしていました。里子として来たレイナは木に登って歌ったりとちょっと変わっています。島の子どもが当たり前と思っていることに目を輝(かがや)かせ、自らを「ケイヤク子ども」というレイナの強がりやさびしさを、優愛は感じていきます。

 ★小学校中学年-高学年向き


=2017/12/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]