『なずず このっぺ?』  カーソン・エリス/作、アーサー・ビナード/訳(やく)  (フレーベル館、1728円)

『なずず このっぺ?』  カーソン・エリス/作、アーサー・ビナード/訳(やく)  (フレーベル館、1728円)
『なずず このっぺ?』  カーソン・エリス/作、アーサー・ビナード/訳(やく)  (フレーベル館、1728円)
写真を見る

 ●「昆虫語」の絵本

 一つの花の芽を見つけたことから始まる、昆虫(こんちゅう)たちの1年間の様子を描(えが)いた再生(さいせい)と出会いの絵本。中原中也(なかはらちゅうや)賞受賞の詩人アーサー・ビナードが、不思議なオリジナル言語「昆虫語」を駆使(くし)して昆虫たちの日常(にちじょう)をつづります。「なずず このっぺ?(なに、これ?)」など全て意味を持つ言葉になっています。

 ★子どもから大人まで


=2017/12/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]