『ひかりのりゅう』  小野美由紀 作、ひだかきょうこ 絵  (絵本塾出版、1404円)

『ひかりのりゅう』  小野美由紀 作、ひだかきょうこ 絵  (絵本塾出版、1404円)
『ひかりのりゅう』  小野美由紀 作、ひだかきょうこ 絵  (絵本塾出版、1404円)
写真を見る

 ●あの日を忘れぬために

 原発という難しい問題を「ひかりのりゅう」を通して描いた絵本。王様が遠くの街から大きな生き物、なないろの光を吐き出すりゅうを連れてきました。その光のおかげで、村はにぎやかになったけれど…。便利なものも一つ間違えれば平和を壊してしまいます。東日本大震災から8年、原発について改めて考えるきっかけになる一冊です。

 ★小学校低学年向き

=2019/02/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]