『元素の名前辞典』  江頭和宏 著  (九州大学出版会・2592円)

『元素の名前辞典』  江頭和宏 著  (九州大学出版会・2592円)
『元素の名前辞典』  江頭和宏 著  (九州大学出版会・2592円)
写真を見る

 昨年正式に命名された新元素ニホニウムが日本の国名に由来するように、118の元素の名前には、それぞれいわれがある。たとえば、気球に使われるヘリウムは、ギリシャ語で太陽や太陽神を表すヘーリオスに由来する。太陽光スペクトラムの観察から発見されたことによる。ギリシャ神話でへーリオスの妹は月の女神セレーネーで、こちらは元素番号34のセレンの語源になった。本書は福岡市出身の物理化学研究者が全元素の名前の由来や発見の経緯を調べ上げた労作。スウェーデンやロシアなど各国での名称、和名まで網羅している。


=2017/10/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]