『ミャンマー民主化運動』  伊野憲治 著  (めこん・5400円)

『ミャンマー民主化運動』  伊野憲治 著  (めこん・5400円)
『ミャンマー民主化運動』  伊野憲治 著  (めこん・5400円)
写真を見る

 ミャンマーのアウン・サン・スー・チー氏が表舞台に登場したのが30年前の1988年8月。ここから始まる民主化運動の軌跡を、当時、現地の日本大使館に勤務した北九州大教授の著者が振り返り、分析を加えた。スー・チー氏は英国暮らしが長く、西欧の民主主義を実現しようとしているとみられがちだが、思想の核心には仏教があり、「慈悲」の実践を理想としていると指摘する。日記やビデオの抜粋が88年当時の動きをリアルに伝える。

=2018/08/11付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]