『文科系のための遺伝子入門』  土屋廣幸 著  (新曜社・1512円)

 DNA、iPS細胞(人工多能性幹細胞)、ヒトゲノム…。遺伝子にかかわる言葉がニュースにあふれる時代になった。その意味や役割について、血液型やメンデルの法則から遺伝子編集などの最新研究まで順を追ってコンパクトに解説している。遺伝子と染色体とDNAの違い、遺伝子の二つの役割などの説明が分かりやすい。著者は熊本市の病院勤務医。

=2019/01/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]