『尊敬についての随想』  倉石清志 著  (Opus Majus・1836円)

 〈なるべく負の影響を受けずに、悪意を向ける人とうまく付き合っていく方法はあるだろうか?〉という問いについて、誠実に考察した哲学エッセー。1975年、福岡県生まれの著者は、相手を尊敬するという知的営みによって悪意を超克することができると述べる。

=2019/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]