『〈原色〉九州の花・実図譜 6』  作画・解説=益村聖  (海鳥社・4860円)

『〈原色〉九州の花・実図譜 6』  作画・解説=益村聖  (海鳥社・4860円)
『〈原色〉九州の花・実図譜 6』  作画・解説=益村聖  (海鳥社・4860円)
写真を見る

 九州の代表的な種子植物を細密な色鉛筆画によって紹介する植物図譜の第6巻。刊行を企画立案した1999年から実に20年がかりで全6巻のシリーズを完結させた。収録したのは、全巻で1307種。この巻には、ツクシコバノミツバツツジ、ヒメユリなど372種を収めた。手描きにこだわるのは、写真では光の具合や向きで特徴がわかりにくくなることがあるためという。著者は福岡県筑後市の元中学校教諭。図鑑制作の功績などから2014年、植物分類学会賞を受賞した。

=2019/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]